未分類

大学生はクレジットカードを何枚持つのが理想的?複数枚所持する時の注意点とは

大学生でもクレジットカードを複数枚所持することは可能です。

しかし大学生だったら、一体どのくらいの枚数を持てば良いのか悩まれてしまったことはありませんか?

1枚だけだとなんだかさみしい気がするし、多く作り過ぎてしまえば逆に良くないのではないかと様々な考えが浮かんできてしまいますよね。

そこで今回は、大学生が持つべきクレジットカードの枚数と、複数枚カードを所持する時の注意点についてお伝えしていきたいと思います。

カードを何枚持てばいいのか悩んでいる大学生は必見です!

 大学生はクレジットカードを何枚持つのが理想的?

それではまず、大学生はクレジットカードを何枚持つのが理想的なのかというところから見ていきましょう。

大学生の理想的なカード所持枚数は、以下のとおりです。

クレジットカードを1枚しか持っていない大学生は多い

クレジットカードの枚数を何枚にしようか悩んでしまう大学生はたくさんいると思いますが、複数枚持たずに1枚だけを所持しているという方も多いようです。

やはり複数枚持つとなれば自然とリスクが高くなってしまうからなのかもしれません。

ですがクレジットカードを2枚以上持っている大学生の方も負けないぐらい多くいるので、所持枚数には個人差があります。

 大学生が持つクレジットカードの枚数は2・3枚がベスト

大学生はクレジットカードを2・3枚まで持つのがおすすめです。

なぜなら1枚だけだとさまざまなリスク回避には繋がりますが、複数枚持つことでその分利用できる範囲が広がり、便利に使いこなすことができるからです。

そのためメインカードを1枚、サブカードを2枚と言った感じで少なくても2枚から3枚持つと良いでしょう。

では、次項からは大学生がクレジットカードを複数枚持つとどんな良いことがあるのか詳しくご説明していきますね。

 大学生がクレジットカードを複数枚持った時の利点

大学生のうちからクレジットカードを複数枚持っていると、色んなことに役立てられます。

それらの利点には次のようなものがありますよ。

 自分の目的に合わせてポイントを効率的に使える

クレジットカードを複数枚所持していると、支払いをカードによって使い分けることができます。

カードの中には公共料金を支払ってポイントがもらえるものとそうでないものがあり、カードをうまく利用すると便利に使うことができますよ。

 旅行傷害保険の補償額や期間を増やすことができる

クレジットカードには旅行傷害保険が付帯されているものも多くあります。

そしてクレジットカードを複数枚持っていれば、それらの旅行傷害保険の補償額や保険が適用される期間を増やすことができるのです。

また、クレジットカードを複数枚持つことで利用付帯か自動付帯かを選べる可能性も出てくるので、国内や海外へ旅行に行く時にも役立つことでしょう。

 利用限度額を上げることが可能

たとえ1枚あたりのクレジットカード利用限度額が低めに設定されていたとしても、数枚が増えればその分合計の利用限度額が高くなります。

ですので1枚のクレジットカードだけでは利用限度額が少し物足りなく感じてしまっても、複数枚持っていると利用できる金額を増やすことができますよ。

 大学生がクレジットカードの所持枚数を増やす時の注意点

一方で大学生がクレジットカードを複数枚持つ時の注意点もあります。

もしもカードの枚数を増やす場合は、次のようなことに気を付ける必要がありますよ。

 すべてのクレジットカードをきちんと管理しておく必要がある

まず1つ目の注意点として挙げられるのが、自分の持っているクレジットカードをすべてきちんと管理しておかなければならないということです。

管理する時にはどのようなことに気を付けなければいけないのかというと、カードの紛失や盗難、それに加えて支払いの延滞などです。

万が一カードを盗まれてしまったら、枚数が多ければ多いほど悪用されてしまう可能性が高くなります。

また、利用できる額が多いとショッピングでは便利になりますが、知らない間にカードを使いすぎて利用額が膨らんでしまっていることも考えられるのです。

さらにカードが複数枚あると、1枚のカードでどれくらい使ったのかを把握しづらくなり、「口座に現金を入れておくのを忘れた!」なんてこともあるかもしれません。

こちらに悪気がなくても、支払いが遅れるとそれだけでカード会社からの信頼が薄くなり、ローンを組みづらくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

その他にもそれぞれのクレジットカードで貯まるポイントが違えばなかなかポイントが貯まらなかったり、ポイントを上手に活用しきれない部分が出てきてしまうかもしれないので気を付ける必要があります。

 カードを複数枚持っていると引っ越しの手続きに時間がかかる

クレジットカードを複数枚所持している状態で引っ越しをする時にも不便さを感じてしまいます。

なぜなら持っているすべてのクレジットカードで住所変更の手続きなどを行わなければならないからです。

そうしたことを考えても、必要以上にクレジットカードを多く所持するのは避けておいた方が良いでしょう。

 審査が通りづらくなることもある

クレジットカードのキャッシング枠が多いからといって、たくさん利用してそのまま支払ずに滞納をしていると、後々家や車などの大きなローンを組む必要がある時に審査へ影響が出てきてしまう場合があります。

カードの所持枚数が多いとなおさらそのような滞納の可能性が出てきてしまうので、注意しなければいけません。

 まとめ

結論、大学生が持つクレジットカードの枚数は2~3枚がおすすめです。

クレジットカードを複数枚持つ時の注意点などから不安を覚えてしまう方は、それよりもさらに少ない1枚だけを所持していても良いかもしれませんね。

クレジットカードを複数枚持つメリットとデメリットを知り、自分に合った枚数だけを作るようにしましょう。

あなたの目的に合うクレジットカードを選び、便利に使いこなしてみてくださいね。