『がんばろう!!日本』復興支援プロジェクトオフィシャルウェブサイト

『がんばろう!!日本』復興支援プロジェクト:活動有志による被災地ボランティア活動レポート

被災地ボランティア活動レポートVol.4

2013年11月26日、2年4か月ぶりに石巻市へお邪魔しました。

「すっかりきれいになった。」との言葉を聞いておりましたが、 2年4か月ぶりの石巻は、その言葉に違和感を感じました。

確かに、当時全国から応援に来られていた警察官によって、 手信号で行われていた交差点は信号機に変わり、 根元から折れていた電柱も新しいものに変わり、波をうって いた道路や橋も整備され、多くの車が行きかっていました。

多くの新築戸建住宅、アパートが建ち、 大型ショッピングセンターの看板も煌々と輝いておりました。

多くの方々が生活されていた面影すらなく、野原のようになっていた門脇地区。

確かに「きれいになった。」と言えるのかもしれません。 しかしながら、冒頭にも述べたように例えようのない違和感を感じたとも事実です。

当日のガイドさんがおっしゃっていたように、 被災された方々にはそれぞれの事情があるのだと思います。

私達に出来ることはなんなのか?
ひょっとしたら私達に出来ることは無いのかもしれません。

何をもってして、”復興”と言うのかわかりませんが あの震災から2年8か月の石巻は、まだまだ”復興”という言葉にはあてはまらないと感じました。



追伸
今回ご協力いただきました皆様へこの場をお借りしてお礼申し上げます。 ありがとうございます。

「がんばろう!!日本」復興プロジェクト主宰

ご賛同者様よりお預かりする義援金は、日本赤十字社を通して、東北地方の復興へ全額を寄付を致します。

"小さな繋がりを大きな力へ・・・"
『がんばろう!!日本』東北地方太平洋沖地震 復興支援プロジェクト


"このウェブサイト制作費、協力者負担。ステッカー制作費、協力者負担。皆が活動する経費、全て自己負担。
この活動によって生みだされる物、プライスレス"